人類とエネルギー

このウェブサイトは以下の新アドレスに移転しましたjecafair.jp

生物が生きる上で必要不可欠なエネルギー

生き物は体内に酸素を吸い込み、細胞内のミトコンドリアでエネルギーを生み出します。その力によって体の悪い部分を修復し、あるいは、古くなった細胞を老廃物として体の外に排出し、新しい細胞に入れ替えます。 エネルギーはアスリートには欠かせないものです。

生物はそのような新陳代謝により、生命を維持しています。

手に負えないほど巨大なエネルギー

人間は道具を使うことで、自らの身体能力を超えるエネルギーを生み出すことに成功しました。そして、社会に大きな恩恵をもたらしましたが、同時に自ら生み出した力によって、苦しめられることにもなりました。制御する能力がないまま、自らの手に余る強大な力を手に入れてしまったのです。

適切なエネルギーの利用

エネルギーは正しく使ってこそ社会を豊かにします。また、エネルギー資源は有限であるということもわかっています。これからもエネルギーと共に生きる私たちにとって、いかに適切に使うかが未来を左右することでしょう。