HEMS

HEMS(ヘムス:住宅用エネルギー管理システムの略)とは、エネルギー利用状況を見えるようにし、省エネを簡単にできるようにするシステムです。日本語でも「ホーム・エネルギー・マネジメント(管理)・システム」と呼んでいます。

HEMSとは

一言で説明すると、センサーやITの技術を活用して、住宅のエネルギー管理、「省エネ」を行うシステムをのことです。

特徴

家庭内の電気を「賢く使う」ために活用することができます。今後は、家庭内の電気機器を一括してコントロールしたり、エネルギー利用状況に合わせて自動的にエネルギー使用量を最適化したりできるようになると言われています。その中心となるのがHEMSです。経済産業省がHEMS導入の促進のために助成金制度を設ける等、HEMS(ヘムス)が注目を集めています。現状のHEMS(ヘムス)は家電の消費電力を可視化(見える化)する機能が主体で一部に制御機能を有しています。

HEMSでできること

実現できることは、大きく分けて2つあり、「表示」と「制御」です。

  • 表示:どれだけのエネルギーが、いつ、どこで、何に使用されているかを「見える化」するのが「表示」です。
  • 制御:家中の機器を一括してコントロールしたり、自動的にエネルギー使用量を最適化したりするのが「制御」です。

HEMS(ヘムス)のアプリケーション例

スマート電源タップ
電源コンセント毎の消費電力の監視と電源のオン・オフ制御を行う。
スマートライティング
照明の消費電力の監視と電源のオン・オフ・調光制御を行う。
太陽光発電
太陽光発電機の発電量の監視と発電効率化の為の制御を行う。
燃料発電
燃料発電機の発電量の監視と発電効率化の為の制御を行う。
スマート蓄電
家庭用蓄電器(分散蓄電)の蓄電量の監視と充放電の制御を行う。
スマート家電
家電のリモートコントロールや状態監視を行う。
EV充電
電気自動車の充電制御を行う。
スマートメーター「Bルート」
電力使用量の監視を行う。

概要

HEMSはHAN(Home Area Network)と連動し家庭内のエネルギー管理をするためのシステムです。HEMSにより電力の使用を効率化でき、節電やCO2削減に役立ちます。HEMSとはエコロジーと居住快適性を実現するための技術です。HEMSと聞くと家庭内の消費電力を室内のディスプレイで表示する装置を想像しがちですが、エネルギー管理システム全体を意味するものです。

メリット

メリット1:見える化による「省エネ(節電)」につながります!
家庭での電力の「見える化」による一日当たりの省エネ効果は10%程度と言われています。HEMS(ヘムス)を設置すると、太陽光発電量や蓄電池の電気使用量、家庭内の電気の利用状況をモニターで簡単に確認できるため、それぞれのライフスタイルに合わせて無理なく節電することができます。
メリット2:外からのアクセスで「お子様などの見守り」ができて安心!
HEMSは外出先でもスマートフォンなどからチェックすることができます。電力が一定値以上使われた場合に、指定したメールアドレスにメールが届くなど、お子様が帰ってきたかどうかを確認できるような設定ができる製品もあります。また水道が24時間以上使われていないと、指定したメールアドレスにメールが届くなど、遠くはなれて暮らすご高齢のご家族との安心感をもてる製品もあります。
メリット3:今後のスマートハウス化の核となります!
スマートハウスとはITを活用して家庭内のエネルギー消費量が最適な状態に制御された住宅の事です。太陽光発電や蓄電池やその他の家電機器をつなげて、電気を無駄なく効率的に使えるスマートハウスの中核となるのがHEMSです。スマートハウス化された住宅では、HEMSを通じて住宅内のエネルギー使用状況を常に把握してくれるので、無駄な電力を使用している時にアラートでお知らせしてくれたり、スマートフォンなどで外部から住宅内の家電機器をコントロールすることなんかも可能になります。クリーンなエネルギーで無駄なく快適に暮らすことができるようになる鍵がHEMSなのです。

デメリット

HEMSの課題はコストです。現状ではシステム導入には大きなコストが必要となります。省エネのためだけに、わざわざ大金を払って高価な管理システムを導入しようという人はそう多くはないかもしれません。しかし、現在では行政だけでなく、民間企業も独自に研究・開発を行ったり、エネルギー関連企業や家電メーカーで連携したりしながら、徐々にHEMS実現に向けて動き出しています。

HEMSの導入

HEMSを導入した住宅では、例えば、夏場の消費電力が極端に多いといった場合、それが、毎日子どもが帰宅したあとの昼間、午後3~5時に冷蔵庫が何度も開閉されている、一度にテレビとパソコン、ゲーム機、オーディオの電源が入れられている、といった具体的な省エネ対策のポイントが見えるようになります。また、あらかじめ最大使用電力を設定しておけば、家の総使用電力が設定量に達したときに、遠隔操作または自動でエアコンの温度設定を変えたり、優先順位の低い機器の電源を切ったりすることができます。

自家発電

HEMSは個々の家電機器の電力消費量を把握し制御することによってより細かな電力管理が可能になります。ソーラーパネルを使用して太陽光発電や燃料電池で電気を起こし、その電気をリチウムイオンバッテリーのような蓄電池に蓄えてHEMSを使用する場合、発電量と蓄電量をリアルタイムで把握する必要があります。更にHEMS(ヘムス)は家電機器が現在どれくらい電気を消費しているかを知る必要もあります。電気自動車のバッテリーの残量の把握や充電のタイミングを制御する必要もあります。

互換性

スマートハウスを実現するためのHEMSの通信プロトコルは欧米ではSEP2.0(Smart Energy Profile 2.0)という規格を推進していますが、日本ではECHONET-Lite(エコーネットライト)という規格を独自に策定しました。HEMS(ヘムス)機器は相互接続性を確保することで複数メーカーの家電製品でシステムを構成することが可能になり、より利便性が向上します。よって、HEMS(ヘムス)の大きな課題は家電のコントロールの規格化です。現在、HEMS(ヘムス)の規格統一に様々な活動が行われています。