照明

私たちの生活に欠かせない照明も電力設備の一部です。

照明について

証明の光源の種類は大きく分けて白熱ランプと蛍光ランプの2種類。それぞれの特徴や特性をご紹介します。

白熱ランプ

  • 陰影ができて立体的に見せます。
  • 赤みを帯びた、やわらかく温かみのある光です。
  • 落ち着いた雰囲気でくつろぎ感を演出します。ムードを演出したりお料理をおいしく見せる効果があります。
  • 色の再現性に優れ、食卓や洗面所によく使われます。点光源で輝度が高く、艶や立体感の表現に優れています。陰影のある彫りの深い空間を創出します。
  • スイッチを入れるとすぐに点灯するので、ON/OFFを頻繁にする場所におすすめです。電気代は蛍光ランプに比べやや高く、ランプ寿命は短いです。

蛍光ランプ-電球色

  • 影ができにくく、フラットに見せます。
  • やや赤みを帯びた、やわらかく温かみのある光です。
  • 経済的な蛍光ランプでありながら温かみのある光色で落ち着いた雰囲気やくつろぎ感を演出します。
  • 白熱ランプと違いフラットな拡散光が得られるため、影ができにくいです。また、露出して使用してもあまりまぶしさを感じません。
  • スイッチを入れてから点灯するまで少し時間のかかるものもあります。電気代は白熱ランプに比べ安く、ランプ寿命は長いです。

蛍光ランプ-昼白色

  • 影ができにくく、フラットに見せます。
  • 青白く、太陽のような爽やかな光です。
  • 爽やかで活動的な雰囲気を演出します。集中力や思考能力を高めるので、勉強や読書に最適です。
  • 集中力や思考力を高めます。フラットな拡散光が得られるので影ができにくいです。また、露出して使用してもあまりまぶしさを感じません。
  • スイッチを入れてから点灯するまで少し時間のかかるものもあります。電気代は白熱ランプに比べ安く、ランプ寿命は長いです。

色温度

照明と心理効果は密接です。そこで欠かせないのが色温度です。色温度とは、各種光源の光の色合いを物理的、客観的な尺度で表したもので、照明される場の雰囲気を決める重要なポイントです。色温度と生活リズム、それによる心理効果などを理解して、目的にあった快適な環境をつくりましょう。

  • 色温度
  • 色温度は光の色合いを示す尺度で、K(ケルビン)で表されます。一般に色温度が低いと赤っぽいオレンジがかった暖かみのある光となり、色温度が高くなるにつれて、日中の太陽光のような白っぽい光となります。さらに高くなると、青味がかったさわやかな光となります。

時間別色温度変化の選び方

太陽が昇ると活動をはじめ、夜になると休息するという人の生活リズム。人の生活リズムは自然界のサイクルが基準になっていて、もっとも影響しているのは自然光(太陽光)といわれています。

  • 人を活動的にし、作業や勉強に適した環境をつくるには色温度の高い、太陽をイメージした青白い蛍光灯の光を選びましょう。
  • 心身をリラックスさせ、やすらぎを演出する場合には、色温度の低い、夕日を思わせる赤みをおびた白熱灯の光を選びましょう。

クルーゾフ効果

昼白色の蛍光ランプのような明るく青白い光(色温度の高い光)は気分をさわやかにしますが、照度が低すぎると陰気で寒々しい感じになってしまいます。一方、白熱ランプのような赤っぽい光(色温度の低い光)は、照度が低いとおだやかな雰囲気になり、照度が高すぎると暑苦しく、不快感を与えます。色温度によってこうした心理効果があります。

LED照明とは

LED照明とは、発光ダイオードを利用した新しい照明器具のことです。蛍光灯に代表される従来の照明に比べて割高であったことからこれまでは一般に普及していなかった。しかし、2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震の影響で東京電力の福島第一原発の1号機が停止。その結果、異例の電力不足に陥り、実に37年ぶりとなる計画停電が実施されました。その後、関西電力や九州電力など直接的には津波の影響を受けていない地域の原発にまで影響が及び、ストレステスト実施による運転停止に見舞われるます。これを機に電力不足が東電管内のみに留まらず全国に波及し、節電意識が一気に日本全国へと広がりました。この様な事態から性省エネ効果の高いLED照明などに注目が集まり、皮肉なことに地震および原発事故のおかげでその普及に拍車がかかったと言われています。

LED照明の特徴

  • 構造が単純で大量生産が容易なためコストが安くすむ。
  • 軽量、かつ超寿命である。
  • 衝撃に強く故障の発生が少ない。
  • 蛍光灯や白熱灯などと違い、紫外線や赤外線を含まない光が簡単に作れる。
  • 電圧に対する反応が速く、点灯した直後に最大の明るさが得られる。

CCFL照明とは

  • CCFLとはCold Cathode Fluorescent Lamp の略称で、冷陰極管蛍光ランプのことです。CCFLは、液晶モニターの背面光源として30年近くの実績があり、光源としての安全性や、調達にあたっての安定性が十分に保証されています。CCFL照明はLED照明同程度の長寿命で、LEDよりも導入コストが安くすみます。
  • 省エネ:一般蛍光灯と比べて、同等の照度でも約30%の省エネです。(40W → 28W)
  • 長寿命:40,000時間の長寿命なので、約10年間取り替え不要です。(1日10時間使用の場合)
  • 紫外線カット:人体に有害な紫外線(UV-B、UV-C)を95%カットしています。
  • CO2カット:一般蛍光灯と比べて消費電力が少なく、CO2排出量約39%削減に貢献できます。

照明用語集

照明に関する用語集です。照明器具選びの際のご参考にしていただければ幸いです。

W(ワット)
光源の消費電力をあらわす単位で、明るさを表す単位ではありません。また、電力に消費時間をかけたものがWh(ワットアワー)で、電気料金はWhをもとに計算されます。
lm(ルーメン)
光源が発光する可視光の量(光束)の単位。光源から出る光の量です。白熱灯の場合は点灯した瞬間値を、蛍光灯の場合は100時間経過後の値を全光束値としています。
lx(ルクス)
照らされる面の明るさ(照度)の単位です。光源との距離が遠くなるほど、照度はその2乗に反比例して低下します。例えば、光源から1m離れた場所で100lxだとすると、2m離れた場所では照度は25lxになります。
cd(カンデラ)
光源から出る光の強さ(光度)の単位。器具の形や素材によってかわってきます。
cd/m(カンデラ平方メートル)
ある方向から見た光源の明るさの度合い。輝度。
グレア
目に不快感や疲労を感じさせるまぶしさのこと。
色温度
光の色合いを示す尺度で、K(ケルビン)で表します。赤っぽい光ほど色温度が低く、青っぽい光ほど色温度が高くなります。