太陽光発電

太陽光発電は、太陽電池を用いて、太陽のエネルギーを直接、家庭で使える電気に変換する発電システムです。

太陽光発電とは

太陽光発電システムの中心になっているのが太陽電池です。太陽電池は太陽光(エネルギー)を吸収して直接電気に変えるエネルギー変換器。シリコンなどの半導体で作られており、この半導体に光が当たると日射強度に比例して発電することができます。太陽電池(太陽光パネル)を用い、直流の電気を発生させ、パワーコンディショナーを経由して電気の品質を安定させ、住宅などに電気を供給します。

近年の太陽光発電設備

太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額な印象ですが、設備機器を提供する各メーカー間の競争により、技術の向上と共に価格も安くなりました。人工衛星に電力を供給するなど、宇宙事業における電力調達がそもそもの発祥でしたが、現在では一般建築設備として計画されるまで普及が広がっています。

設備機器・メーカー選びのポイント

太陽光の設備で一番を気を付けなければならないのは屋根に設置するパネルです。屋根の広さや角度など状況に合ったサイズ選びがポイントとなります。屋根のスペースが小さい場合は、太陽光パネルのサイズも小さくなりますので、発電量が低いのでは?と思われますが、パネルサイズが小さくてもワット数の高い製品を利用すれば問題ございません。あと、購入時にメーカーの保証内容もしっかり把握しましょう。

特徴

Co2を排出しないクリーンエネルギーを利用し地球に優しい環境を目指す上でも、太陽光発電の利用は、地球規模で取り組んでいく課題への第一歩になるのです。太陽光発電は、当然自分の家で電気を発電するという特徴があります。今まであまり電気を意識したことがない人でも、自分の家で発電をしているとなれば自然と節電に関心を持つ人が増えるでしょう。こうした節電意識は、エコに対する意識向上にもつながるのです。エコ意識が強くなれば、それだけCo2の排出量を減らせる機会を太陽光発電のみに求めるのではなく、日常生活全般に対しても問題意識を持つようになるのではないでしょうか。こうした意識改革をおこなう機会が得られるところが、太陽光発電の特徴の一つともいえます。

おすすめポイント

太陽光発電システムは、最高のEcoエネルギーです

  • 環境にやさしい
  • ランニングコストが不要
  • 今なら国や自治体の補助金
  • 10年間余った電気の買取制度
  • 長寿命
  • 自動運転で日常操作が不要

メリット

太陽光発電は、発電過程において有害な排気ガスや二酸化炭素を排出しない、クリーンな発電設備として注目されています。また、山中や海上、緊急停電時など、電力が調達できない場所においても、太陽光が得られる場所であれば発電することができるという利点もあります。太陽光発電は無償の太陽光を電気に変えて利用できるため、ご家庭の電気料金を大幅に減らすことができるという点も魅力のひとつでしょう。余剰電力が発生した場合にはかえって利益になるということもありますので、経済的メリットは大きく、且つ省エネ意識も高まります。自家発電ですから災害時等でも電力が使えるというのも非常に大きなメリットでしょう。

デメリット

反対に太陽光発電のデメリットですが、これは初期費用が高いので、誰でも簡単に導入できるものではないということになるでしょう。実際に機器の導入コストは相当下がってきていることは間違いありません。しかし初期費用は200万円前後の金額になるわけですから、誰もがやすやすと用意できる金額ではないこともたしかです。また導入コストが下がっていくにつれて、補助金額も売電単価も下がっていきますので、タイミングによっては、元をとることが難しくなることも考えられます。固定価格買取制度がスタートしたことで売電単価はそれまでの2倍近くになりましたので、太陽光発電は元をとれる確率が高くなりましたが、自然を相手にするものですから元が取れることが約束されているわけではありません。

耐用年数はどれくらいか

耐用年数とは、減価償却資産が利用に耐えられる年数のことで、「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」により、太陽光発電と風力発電システムの場合は9年となります。また太陽光発電システムの償却期間は17年となっています。しかし太陽光発電システムが家庭向けの発電システムとしてどのぐらいの期間使えるかということになると話は変わります。

太陽電池モジュールの寿命はどれくらいか

太陽電池自体には燃焼部分やモーターなどの作動箇所はありません。出力保証は最低でも10年間は保証されていますし、外資系のサンテックパワーやカナディアンソーラーでは、太陽電池の出力保証を25年までみています。適切な維持管理を行い、かつ落雷や飛来物による損傷などが無ければ、40年という長い期間の発電を行なっている事例もあります。税法上の償却年数は17年、耐用年数は9年という太陽光発電ですから、実際には30年もつ例もあるでしょうが、20年、うまくもって25年ぐらいであると考えておくと良いのではないかと思います。

維持費はどれくらいか

太陽光発電は、パワーコンディショナーと売電メーターの交換がかならず発生しますので、導入から10年を超えると、まとまった維持コストがかかるということを忘れないようにしたいものです。

太陽光発電設備とオール電化

太陽光発電設備はオール電化住宅との相性の良さもあり、オール電化住宅の建物では太陽光発電も設置しているケースが多くなっています。太陽光発電を自宅に導入しているほとんどのご家庭はオール電化住宅になっているようです。ガスや石油を使わず、全ての光熱費を電気でまかなうオール電化は太陽光発電と相性が良いからでしょう。太陽光発電は、尽きることなく恵みをもたらす太陽の光をエネルギーとして利用できる最良のシステムといえるのです。オール電化の住宅は、節電以外にも経済的なメリットがあります。一般のご家庭でオール電化向けの電気料金プランにすると、ガスとの併用住宅に比べて3割ほど光熱費がお得になると試算されています。太陽光発電を導入するのであれば、オール電化の住宅についても検討してみることをおすすめします。

オール電化のメリット

オール電化のメリットもお伝えしたいと思います。まず、電気代とガス代が一体化するので、基本料金が1つで済むのが魅力ですね。また、火を使わないので燃焼ガスもなくなり、空気がとってもクリーンです。女性の方なら、IHクッキングヒーターの使い勝手の良さがうれしいポイントになるでしょう。磁力線が鍋そのものを発熱させるという仕組みで、火力をグッと上げたりとろ火にしたりと、火加減も自由自在です。お料理好きの方ならきっと満足するはずです。さらに、余分な熱がこもることがありませんから、夏場の調理も熱くありません。オール電化を導入したいという方は、まずはどのようなメリットがあるかを調べて、その良さを最大限に活かせるようにしたいですね。